春か

 

3月になってしまった。と毎年思ってるような気もする。春は憂鬱な気分になる。あるいはそういう気分から抜け出すタイミングでそう気がつくのかもしれない。

製造現場で働くようになって少し経った。簡単な作業でも気軽に手が出せないため、作業を覚えるのが面倒だ。先輩社員の動きや手順を凝視するのが仕事。もちろんある程度しっかりした手順書はあるものの。

工程をみていると、開発の段階で少し妥協したと思われる部分や、工程の作り方が甘いところがチラホラ分かる。それを後から改定するのは手続き的に難度が高いのと、作業員がとにかく変化を嫌うために、そのままなっている。幸い、科学的には大丈夫な作業が多い。ただ、現場で手を動かす人の多くはそんなことには無関心なのがなんとも。

勤続者表彰

15年だか25年だか会社勤めた社員に対して表彰などが行われた。

R&Dをやってきた複数名が「製品に繋がった成果は無かった」等、「申し訳なさそうに」コメントしていたのでイラッとした。メーカー内のR&Dへの風当たりが強いのはよくあることなのかもしれないが、自らがそんな調子なのもどうなのか。

オニツカタイガー

ファイル 2015-12-08 19 31 46

書くことが無いから好きな物について書いてAmazonリンクを貼るシリーズ。

オニツカタイガーのスニーカーが好きだ。学生の頃からもう何年も履き続けている。MEXICO 66というやつの白地に青いラインのものと緑のラインのものを交互に履きつぶしてきた。先日ついに「2足を交互に履いた方が保ちがいいんじゃねーの?」という発想に至り、交互に買っていた2色を並べることにした。

オニツカタイガーの何が良いか。それは自分の足にあまりにもフィットしているところ。初めて履いた時「あかんコレ俺の足と同じ形やん…」と感動し、それ以外のスニーカーへの興味が失せた。